人気blogランキング投票 ←クリックよろです☆(^O^)/

2008年08月12日

鳥居大観音編 〜後編〜

 前回の日記から一年近く経っちゃってますが、そろそろ更新です!

 まあ筆不精なクルサにはよくあることヽ( ´ー`)ノ
皆様温かい目で、許してやってください ぺこ <(_ _)>

 さて、そんなわけで、鳥居大観音の続きです!

IMG_0862.jpg

 頂上へどうやって登ったらいいのか、テケテケと歩き回っていたら、いきなり看板を発見しました!
車で5分、徒歩40分(* ̄□ ̄*;
 差がありすぎだろ(* ̄□ ̄*;
 しょっぱなから、くじけそうになりますが、ここから頑張って登山開始です!
 天候はあいにくの曇り。しかし、登山するには暑過ぎず、ちょうど良い頃合です。

 テケテケとコンクリートで舗装された斜面を登っていくと、
前方に怪しいトーテムポールみたいなものが、視界に入ってきました。

IMG_0864.jpg

 近づいてよく見てみると・・・・・・・・・・

IMG_0863.jpg

 「白雪山観音パラダイス
 
 ・・・・・・・・・・意味分からん(* ̄□ ̄*;
このトーテムポールみたいなのは、観光地によくある「ようこそ○○へ」みたいな、
看板の類なのでしょうか?
 しかし観音パラダイスとは・・・・・・・・。(謎のパラダイス想像しちゃうなw)
 いきなり軽いジャブを食らった気分です。

 しかし、そんなジャブごときで、歩みをいつまでも止めるわけにはいきません。──気を取り直して、トコトコと山の頂を目指します。

 IMG_0865.jpg
(こんな感じの道をC= C= C= ┌(;・_・)┘トコトコ )

 しばらくすると、次の建造物が目に入ってきました。
山の中に似つかわしくない、ちょっと中国チックな門です。
 しかしだけです。
果たしてこれはどんな意味を持つものなのでしょう。

 ・・・・・・・・・・・・・細かいことを考えていては、珍スポ探検など出来ません。
「とりあえず作っとけ」これが珍スポ魂(ソウル)なのですから!
ソウルの赴くまま、熱い血潮を感じるたび、それが珍スポ巡りです!

 ──脱線しました。
道は延々と続き、いくら曇りとはいえ、日頃運動不足のクルサは汗びっしょりで、体力の消耗が激しくなってきました。
ハァハァε-(。_。;)ノ┃木┃

 そんな中見えてきたのが、こんな建物です。

IMG_0869.jpg

 うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞなんていっていいのか・・・・・

大鐘楼らしいです。とりあえず、感想それだけ。(笑)
まあ、こんな山の中にあること以外は、普通ぽいですね。

 そして再び大観音が見えてきた!

IMG_0870.jpg

 しかし、まだ遠いなぁ(ノ_・、)シクシク
だいぶ山の中まで上がってきました。

IMG_0871.jpg

 ──大観音を横目に、登山を続けると、左手に何やらまた新しい建物が現れました。

看板を見ると・・・・・・「玄奘三蔵塔」
こ、これはもしや、西遊記で有名な三蔵法師か!(* ̄□ ̄*;

 看板の説明書きを読むと「中国で三蔵法師の遺骨を分けてもらって、奉納してある」らしい!
(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-
ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!











(本物だったらね)・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ...


 いや、なんかこういう有名人(たとえば釈迦とか)の骨を分けてもらって、奉納してある寺とか、よくあるのですが、
果たして、どこまで本物なんだか・・・・・・・。

 ま、それはさておき、ここまで登ってきて、クルサはもうグロッキーです。(笑)
 だいぶ大観音に近づいてきましたが、かなりきついです。
仕方ないので、玄奘三蔵塔前のベンチに腰掛けて、しばし休憩です。

 登山開始前に、お寺の前にあった自販機で買ったジュースで水分補給します。
秋の心地よい風が、頬や火照った体を冷却してくれます。
 ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

 と、そのとき下から快適に、なんの苦労も無く上がってくる4WDが一台・・・・・・
アハハハハ "o( ̄▽ ̄メ )。o0○((殺す))

 若干の殺意を抱いたクルサですが、一息ついて、ちょっと元気も出てきたので、再び大観音を目指します。

IMG_0874.jpg

 途中、反対側に「変な物体」を見つけましたが、
とりあえずは後回しです。
↓これ
IMG_0876.jpg

 そして、休憩含んで1時間半弱、やっとこさ大観音前に到着しました!
ワーイ\(゜▽゜=))/…\((=゜▽゜)/ワーイ
 いや〜きつかった(ノ_・、)シクシク

 クルサが着くと、先ほどの4WDに乗っていた家族連れがすでに大観音を見終わって出てくるところです。

 お客はそれ以外にはいなさそうです。

 受付の人に話を聞くと、ここは土日しか営業していないらしいです。
全然そんなことは知らずに訪れたのですが、
今日はたまたま日曜日、ラッキーでした!\(^^\)(/^^)/

 そして昨日どれぐらいの人が訪問してきたのかと聞くと・・・・
なんと2、3人ぐらいらしい(* ̄□ ̄*;

 土日しか営業してなくて、その土曜日に2、3人ってやばいんじゃないのΣ( ̄[] ̄;)
 なんだか潰れる予感プンプンなので、興味の出てきた人は、早めに行ったほうがいいかも・・・・・w

 まあ、なにはともあれ、展望台(金網があるところ)もあるし、
内部に潜入です!

IMG_0879.jpg

 内部はこんな感じ。

IMG_0881.jpg

IMG_0889.jpg

IMG_0890.jpg

 そしてこの狭い螺旋階段を上り、さらにもっと狭い梯子を上ると、
展望台(?!)に到着!

IMG_0891.jpg

IMG_0880.jpg

 ここに辿り着くまで大変だった(@.@;)
(体力消耗で)気分悪くなって、吐きそうになりましたよ。

 しかし、展望台から下を見るとのどかな田舎の風景が広がっています。
絶景ってほじじゃないけど、なかなかこういうのもいいですね☆

 まあ、そういう感じで、鳥居大観音編終了!


【おまけ】
 鳥居大観音への道は、舗装された道路のほかに、完全な山道ルートも存在しました。
でも帰りはこのルートで帰ったのですが、先の見えない行きよりは楽だった。(笑)

IMG_0893.jpg

IMG_0898.jpg

 その途中には、先ほど見えてたヘンな物(地球儀の上に乗った観音像)もありました☆
 あと古めかしい感じがする門も。

 さらに、ここを作った人の両親を祭っているところもありました。
自分や自分の肉親を奉るために、山を切り開き、作ったこの施設は、相当なお金もかかったと思います。
 ちょっと比較対象としては古いですが、栄華を極め、そして平等院鳳凰堂を築いた藤原氏を連想しました、
 現代の平等院鳳凰堂・・・・・・そんな趣です。


IMG_0900.jpg

IMG_0902.jpg

posted by クルサ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。